経済合理性限界曲線


【経済合理性限界曲線】
こんにちは。
JOE’SMAN2号をcloseして2ヶ月!!!髙崎は元気でする。
髙崎の最近の活動としては、先日もお伝え致しましたが、(株)タカサキ喜画設立。体燗トレーニング。
ポップアップイベントなど
以外とバタバタしております。
髙崎は新店舗に向けて圧倒的な勝利にむけて戦略を練りまくっております。
ある本の中で経済合理性限界曲線の話がありました。
市場は、曲線の内側の問題しか解決出来ない。
何故なら市場とは「利益あっての市場、利益の無い市場は無い」当たり前の事なんですが、とても大事な事で飲食業界ですと特に利益あっての市場は分かりやすく高級食材や有名銘柄のお酒など取扱い評価される社会。(違う素晴らしいお店も沢山あります)
その曲線の中での商売に私は興味がない。
今、必死になって違う曲線の世界があるのでは無いか?と模索中😁多分、見つけました。
もし経済成長にゴールがあるとしたら、私達が向き合う社会は経済成長じゃなく、もっと未来の為に社会課題解決して行く為の曲線を引けたら、もっと「本質あるモノ」が評価されて行く時代になって行く事になるのではないかと

人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ