ジャカルタ武者修行








ジャカルタにいます。フライト待ちです。今回ジャカルタに行くきっかけになったのは、去年の年末の事でした。あるお客様に『熱燗をそんなに世界でチャレンジしてみたいならジャカルタとか日本酒自体認知度低いから面白いから一緒に行ってみるか?』
私、「行きます!」から始まった話でした。
3週間位しか無い中で、現地で働かれている中村さん、小泉さんのご協力の元、現地のインドネシア人の方とお食事会という名目で熱燗ペアリングにチャレンジ出来る事になりました。
ジャカルタは、イスラム教やカトリック教など色んな宗教が混在する国でイスラム教の方は一般的には酒自体飲まない。日本酒も日本で買う7倍位する。ジャカルタで日本酒は高級酒だ。日本酒は日本から神雷1本。現地で奇跡的に購入出来た仁井田本家の純米原酒。北海道酒場さんのリストから亀泉、大関だ。
一品目刺身盛り
帆立、甘海老、サーモン、マグロ、大トロ、生ウニ

帆立、甘海老、サーモンに合わせて神雷じゅうさんとに現地購入コブミカンの皮

帆立、甘海老、◉
サーモン✖︎

マグロ、大トロ
そのまま食べてもらう。

生ウニ、海苔、大葉
亀泉cel 24 冷酒

コブミカンの皮が苦味が少なく綺麗すぎてフックのかかりが弱かったっす。反省!

亀泉cel 24と雲丹はペアリング

しかし、熱燗にした時に2018年のビンテージだったので本来華やかな香りの亀泉からネガティブな生酒特有な香りが案の定ツッコまれました。付け方を変えて何とか良い方向に。

おつまみセットにしぜんしゅ純米原酒を熱燗で!流石のしぜんしゅ!どれともペアリングに!

4種海苔巻+蕎麦に大関出し割燗に!海苔巻とは蕎麦とは合わない。

わかっていた所を指摘してくれる方、それが良いという方、三者三様で面白い。
日本よりも飲み手の個人差を感じた。しかし、酒器違い、温度の上げ方、道具の特性などの話はかなり熱心に聞いてくれた。
取決めが多い中で感じれた改善点。

①シンプルでわかりやすい日本語説明

②専門用語や抽象的な表現ではない説明

③ロジカルな流れ

④酒のコンディション確認

現地で体感する生の声。
向いている方向もやっている方向も間違ってなかった。しかし、現地に置かれている現状は難しいというよりも飽和状態なのかなぁ

肌で感じ取れた経験値、これはとても素晴らしい財産だ。
食事会後、小泉さんとトミーさんとも海外日本酒事情、店舗運営、海外で働く価値観、いや!面白かったなぁ!勉強になりました
今回も多くの出会いと経験を積む事が出来ました。
小祝さん!中村さん!小泉さん!コウイチさん!ここ良く送り出さてくれたスタッフのみんなッ!家族ッ!ありがとうございます
高崎帰ります

#のびしろしかない JOE’SMAN
#武者修行
#熱燗
#燗酒
#熱燗を世界に
#ペアリング
#ジャカルタ
#sake
#福島
#仁井田本家
#結局経験値でしょ
#まだまだ行ける


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ